車査定は愛車をアピール

車買取査定の現場…遠慮は無用!愛車のアピールをしよう

実際に車買取査定を受ける時には遠慮せずに現車の売りの部分をアピールしましょう。
特にアピールポイントとなるのがオプションパーツです。
オプションパーツにはメーカーオプションとディーラーオプションそれに社外パーツがあります。
特にメーカーオプションは後付けが基本的にできませんからアピールポイントは高くなりますので、忘れずに伝えましょう。
ディーラーオプションは後付けできますが、特に高額だった物はアピールしても無駄にはなりません。
社外パーツはあまり評価されませんがパーツメーカーなどによってはプラス評価される場合もあります。
人気のグレードや色なのに評価されていないと思った場合には、それも是非アピールしましょう。

 

他にはタイミングベルトの交換時期に近い距離で既に交換済みの場合には必ずアピールしましょう。
交換した場合には少なくとも工賃と部品代で数万円かかりますので、交換済みの場合はプラス評価になります。
また非喫煙者の場合、屋根付きの車庫に駐車していた場合そしてワンオーナーの場合もプラス評価になります。

 

査定は査定士の資格を持った人がするのが今や業界の常識となっています。
素人ではないためこれらの事を口頭で聞かれる場合も少なくないので、自分の車ですからメーカーオプションの装備やパーツなどと整備履歴は質問された時に具体的に回答できるように確認して置いた方が、査定士がオーナーを見る目が違ってくるでしょう。

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る