車のキズや凹みについて

車買取査定前にキズや凹みは直すべき?

今回は車のキズや凹みを査定前に直しておいた方がいいのかかどうかです。
要はキズや凹みを直しておいたほうが査定額が高くなるかどうかですよね。

 

結論から言いますと、もしキズや凹みがある場合でも自分で磨けば何とかなるレベルでしたら磨くべきですが、板金修理に出すレベルであれば板金修理金額分より査定額の差額が上回ることはまずありません。

 

なぜなら、キズや凹みを直してもその修理跡は査定士が見たらわかるものであり、板金跡ありと査定時に減額されてしまいます。ですが、確かにキズや凹みがそのままよりも直しているほうが査定額は上がりはします。

 

しかし、キズや凹みを直すには板金屋などの修理工場に修理を依頼することになり、そこには実費に利益がのって支払いという形になりますので、その金額はほぼ間違いなく直したことによる査定額上昇分より高くつくからです。そして、キズや凹みを直さずに買い取りに出すと、買い取った業者が自社工場や契約工場で利益なしで修理できるのでその分だけ査定額から引けばよく、その差額がトータル金額になって表れるからです。

 

まとめますと、キズや凹みを直してもキズや凹みが最初からない車よりは査定額は減額され、上記の理由により直した金額分ほど査定額は上がらないというわけです。

 

もし、キズや凹みのある車を手放す予定のある方はぜひご参考ください。

 

 

TOPページヘ戻る
車売るなら