車一括査定の前にしておくべきこと

車査定の前に最低限しておきたい事

出張査定前にしておくことで、査定額アップに繋がる可能性が充分にあるのが車を綺麗にしておくことです。

 

洗車している男性と女性

買取店の営業マンが来る数日前からできる最低限の事、車の外装と内装を徹底的に綺麗にしましょう!

 

どーせ売る車…ピカピカにした所で、見積もりに大きな影響はないだろう」と思われる方も多いようですが、それは完全なる間違いです。

 

査定士も人間ですので、どちらが高額査定につながるかといえば…汚い車よりは綺麗な車の方が心象がいいのは当たり前です。

 

特に内装はアップか減点か評価に大きく関わってくるポイントでもありますので、売る車とはいえ、納車された時の様に綺麗にしておきたい所です。

車の外装について

まず、車の外装ですがボディ全体の汚れを確認していきましょう。

 

車の外装チェック

普段、手を抜きがちの天井部分などは特に綺麗にしておきたい箇所です。もちろん、査定時にしっかりチェックされる箇所です。

 

最近は車高の高い軽自動車なども多く、見た目の外装は綺麗でも実は天井が汚いという車をよく見かけます。

 

脚立などを利用しないと完全に綺麗にすることは難しいですが、比較的大きな洗車場であれば洗車コーナーに脚立が備え付けている所も多いので、いつもより少し手間をかけて天井までしっかり掃除しておきましょう。

 

次に汚れが目立つタイヤ周り。

 

こちらも洗車後は泥が落ち、一見綺麗に見えますがホイールなどは油汚れが付着しています。ブラシなどを使うと効果的です。

 

タイヤ自体には洗車後にタイヤクリーナーを一吹きしておきます。これだけでも、鮮やかな黒色が目立ち見た目はかなり良くなります。

 

私が査定士に褒められた場所は、ピラーと窓枠のゴムの箇所です。

 

ピラーは樹脂でできているので太陽光の劣化、手垢などが目立つ場所でもありますが、インテリアのダッシュボードにも使える、レザー用ワックスなどで拭きとっておくと良いです。

 

また、窓枠のゴムも汚れが目立ちやすい所。洗車時にシャンプーなどで意識的に汚れを拭きとっておきましょう。

車の内装について

査定項目でもかなり重要視されるのが、内装(インテリア)の状態です。

 

特に、運転席周辺は汚れの目立つ箇所です。カーナビ、オーディオ、ハンドル、メーター周辺は軽く水拭きするだけでも良いので必ず行っておきましょう。

 

ダッシュボードなどは艶出しなどを使うことで汚れを落とすとともに艶も蘇ります。

 

査定士が目を光らせているのが、フロアマットやシートの汚れの有無です。特に汚れがひどく、取り換えが必要と判断されればマイナス評価の原因となりますので念入りに掃除しておきましょう。

 

シートの下などは砂利などが多くゴミが貯まっています。洗車場にある掃除機などを利用するのが便利です。

 

そして、車内の臭いについても評価に大きく影響します。タバコ臭やペット臭がキツイ場合はマイナス評価になるケースが多いです。

 

消臭スプレーなどを使い、査定日までにできることをしておくことが重要です。

 

TOPへ戻る