車売却後の税金還付

車売却後の税金還付

還付と言う文言の本来の意味は、行政機関などのいわゆる公的機関から本来の所有者である人に還すことを意味します。
ですから、売却の場合には法的に売主に還ってくる制度はありません。
しかし、売却先から売却金額に含まれる形で還ってくる形になっていて、ほとんどの場合は明細書には月割り計算で表記されています。
自動車税は排気量が大きいほど税額が高くなっていますので、大排気量の場合は月割りにした場合でも少なくない金額になります。
法的に税金還付されるのは廃車による永久抹消登録や一時抹消登録あるいは輸出抹消登録の時に限られます。

 

なお、軽自動車税は課税の段階で月割りの制度ではなく当年の4月1日時点での所有者に一年分の課税がされますので、売却時に還ってくることはありません。
普通車の自動車税は当年の途中で購入した場合には、購入時点から翌年の3月までの月割計算で納める制度になっていますので、売却時にも月割りで計算して還ってくるのです。

 

自動車を年度末に売却する場合に起こりえるトラブルとしては、自動車税は4月1日時点の所有者に対して課税されますので、3月中に売却の場合は3月31日までに名義変更の手続きをしないで4月1日を経過した場合には課税されてしまいますので特に注意が必要です。
毎年5月に郵送されて来る自動車税納税通知書で自動車税を支払った時に控えとして渡されるのは自動車納税証明書となっていますので、車検証と一緒に保存しておきましょう。

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る