車の下取りと買取の違いって?

車下取りと買取のポイント・違いとは?

今回は下取りと買い取りの違いについて説明します。

 

下取りと買い取り、どちらも車を乗り換えたり手放すときに売却する方法ではあるのですが違いがあります。

 

まず下取りは新車や中古車を買って乗り換えるときに、その乗り換える車の購入店で車の購入資金の一部にあてるためにそのお店に売却することをいいます。この下取りは各お店ごとに下取り基本金額というのがあり、この金額から傷や状態を見て減額していく方法を取っています。

 

価格表は定期的に更新されてはいるものの、日々価格が変動するオークション相場などには必ずしも連動していません。日々の価格の変動に影響されにくいとも言えますが、車の人気や価格高騰の変動にも影響されないので高値を望める仕組みとは言えません。昔から車を乗り換える場合の多くはこの方法で売却していました。

 

しかし今では、中古車買取専門店などに乗り換えとか関係なく車を現金で売却することが多くなっています。これが買い取りです。

 

下取りとは違いオークション相場をもとに金額を決定しているので価格が日々変動します。その多くは買い取った車を業者間オークションに出して売却することで利益を得ているからです。

 

下取りと買い取りはこのその車の大元となる金額の決定方法に大きな違いがあり、売却金額の差となって現れるわけです。

 

下取りよりも買い取りのほうが良い理由、高い値段が付く理由」をご紹介しておりますので、こちらも併せてご覧になってみて下さい。

 

 

TOPページヘ戻る
車売るなら…相場より30万円高く売れた!簡単な方法を紹介