車の下取りより買取りに出そう

車を売るなら買取がお得…下取りは何故ダメ?

どちらにもメリットデメリットがあるのですが、多くの場合買い取りのほうが売却金額が高くつくことが多いです。
それではそれぞれのメリット、デメリットを下にまとめます。

 

下取りの場合

 

〇メリット
・車購入が前提なので車の売却から購入まですべてお店でやってくれるので手間がかからない。
・車の引き取りと購入した車の納車が同時に行えるので代車などの必要がない。
・車の値引きがこれ以上できないとなったときに、査定額にそれ以上できなかった値引き額分を上乗せしてくれる場合がある。

 

〇デメリット
・下取り基本価格から状態によって金額を下げていく方式なので、下取り基本価格より上回ることはなく、他店との競合もないのでより高く買ってほしいといった要望には応えてくれない。
・オップション装備やアフターパーツなどの買い取り金額アップが買取店より期待できない。

 

買い取りの場合

 

〇メリット
・自分で複数店舗の買取店へまわったり一括査定で複数店の査定士に見てもらうことで、買取店ごとの競合があるのでより高額な買い取り金額が期待できる。
・オークション相場をもとにしており、そのときの人気の車種、カラー、装備などがダイレクトに買い取り価格に反映される。
・店舗によって買い取りを強化している車種や在庫状況で相場より高めで買い取ってくれる場合がある。
・一括査定や買取店などによっては自宅まで査定に来てくれるので手間が省ける。→もちろん売却後の名義変更や一時抹消登録などの手続きは全部やってくれます。

 

〇デメリット
・オークション相場は日々変動していて、査定日から売却日が離れてしまうと金額が下がってしまうことがある。
・上記にも関係して、買取店ではすぐにでも車を買い取りたいので即決を求めてきたり、査定額が下がらないうちに売却をしなければとあまり時間をかけてゆっくり検討できない。

 

以上よりメリット、デメリットを比較すると値段の上限が決まっている下取りよりいろいろなプラスの可能性がある買い取りのほうが高い金額がつく可能性が高いということがわかると思います。
より高価買取を希望されるならぜひ買い取りをご検討ください。

 

 

TOPページヘ戻る
車売るなら