水没車は車査定できるのか

水没した車なんだけど…車買取査定に出しても意味ある?

事故車を専門に扱う中古車業者があり、事故車の中で水没車と分類されて、冠水車と呼称される場合もあるようです。
自動車は上からの水、つまり雨には強く、豪雨の中で走行しても耐えられるように作られていますが、下からの水には弱いのです。
水に一回浸かってしまった自動車でも、水から上がってそこそこ乾いた後なら見た目にはダメージは無いように見えます。
しかし、乾いてくる途中にはニオイがまず出てきますし、エンジンがかからない場合も多々あります。
エンジン周辺の電気系統がショートしていたりしますし、エンジン稼動中に水没したような場合には一部が損壊している場合もあります。
自動車はエンジンが始動できなければ致命的である状態だと言えます。

 

果たして水没車は買い取ってもらえるのでしょうか?
水没車と判明している中古車は日本国内で販売されることはほぼありません、修理した後の行き先は発展途上国です。
ですから、行き先がありますから、水没の程度とダメージによって査定価格には差がありますが、水没以外でのダメージが無く年式もそこそこならば買取してもらえます。
水没車は修理に手間がかかりますので査定額はそれほど期待はできないようですが、買取はしてもらえます。
それほど年式が古くなければ、完全に泥水に水没してしまった場合でもパーツを洗浄などをすれば使える場合も考えられますので、諦めずに査定してもらった方がいいでしょう。
水没車で検索すると事故車買取専門業のホームページが出てきますので、最寄りの業者に問い合わせてみることをお勧めします。

 

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る