車買取査定の結果は査定士で変わる?

車買取査定の結果は担当する査定士によっても違うのか?

査定士とは中古自動車査定士の業界内での通称で、一般財団法人日本自動車査定協会が実施する『中古自動車査定士 技能検定試験』に合格して登録された人のことを言います。
査定士には2種類があり『小型車査定士』と『大型車査定士』に分類されています。
現車がそこに無くても、車種・グレード・年式と走行距離によって基準とも言える価格は算出されますが、実際は現車の状態が一台一台違いますから、その状態を勘案した上で買取査定額を提示するのが査定士です。

 

中古車業者は買取価格と販売価格の差額が利益になりますから、一台毎の利益は無視はできませんが、取扱い台数の方がむしろ実績では評価される傾向らしいのです。
つまり、より多くの台数を買い取り、より多くの台数を販売することが重要視されるのです。

 

もちろん査定士によって車両の状態を判断する上で重要視するポイントに違いはどうしてもありますから、査定額には多少なり差は生じる場合があります。
ですから、売り主側としては複数の買取業者に査定をしてもらって競争させるのが得策であると言えます。

 

査定士としては買取後での販売のし易さ、つまり買い取った後に直ぐに売れる中古車を次々と一台でも多く扱いたいというのが本音です。
当然ですが、新車も中古車もいずれは査定を受けることになりますから、その時に高い査定をされる可能性のある車種を検討すべき。
購入時にほぼ同じ程度のグレードと価格の自動車を比較検討する場合には、色や形が売れ筋の方を選ぶのが賢明です。

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る