車検切れの車は査定できるのか

車検が切れた車は買取可能か否か?

もちろん車検が切れていても車両の状態に応じた価格で買取りしてもらえます。
車検を通すには重量税・自賠責保険・印紙代などの法定費用と併せて点検および修理費用がかかります。
それだけの費用をかけたことで期待できる査定価格が付く場合であれば車検を通してからの売却も悪くはないでしょう。
年式が古い場合は法定費用と修理費などの合計金額が割高となり、特に修理費がかさむ場合があり、それなら査定が安くてもいいから車検切れでも売却してしまうのも一つの方法です。

 

日本では車検制度が法律で確立されていて、無車検の自動車に乗ることは重大な交通法違反で、大変な事になります。
まず無車検車運行で違反点数6点、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金。
そして無保険車運行で違反点数6点、12ヶ月以下の懲役または50万以下の罰金となります。
さらに2つの違反で点数は12点、ズバリ免停90日となってしまいますので、絶対に無車検のままの自動車を公道で運転してはいけません。
以外と知られていませんが、重罪と言っても過言ではない法律違反だったのです。
ですから、日本では自動車とその車検はセットになっていてこそ、公道を走行できるのです。

 

年式も古く走行距離が10万キロをとっくにオーバーしているような中古車は車検にかかるのとほぼ近い価格がついて、車検の残存期間が一年などで販売されていたりします。
自動車にこだわりが無ければ、そのような価格の安い中古車を次々と乗り継いで自動車とその一年分の車検を買うようにしている人もいたりするようです。

 

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る