カスタマイズ車の査定

カスタマイズの有無は査定額に影響ある?

結論から言うと、カスタマイズされている中古車の査定額は、カスタマイズされていない中古車よりも下がります。
お金をかけてカスタマイズしてあるのに、なぜ査定が低いの? と疑問に思われる人が少なくないでしょう。

 

カスタマイズとは所有者個人の好みによってパーツの交換から始まり色々なパーツの追加や加工などがされた結果ですから、ノーマルな状態とは大きく違っています。
多額の費用をかけた結果でも好みがたまたま同じ人の場合に限れば、その個人による評価は高いのでしょうが、中古車業界での査定はノーマルよりも低くなります。
特に性能面から見ると社外のカスタムパーツは純正パーツよりも劣るケースが圧倒的に多いですし、特に純正パーツとカスタムパーツが混在することで全体のバランスが良くはないのです。
結果的に購入後に故障しやすいのではないかとの懸念があり、修理もしづらいのではないかと思われる場合が多いようです。

 

しかし、性能面のリスクよりもカスタマイズされている事に価値観を感じる人にとって見れば、似た好みの人によってカスタマイズされた中古車はコストパフォーマンスが良いと感じることができますから、お買い得感がありますね。
中古車業者の中にはカスタムカーばかりを扱う業者も存在しますが、それはキャンピングカーなどの特定の趣味の中で実用面に合わせてカスタマイズされてる自動車になります。
個人間での売買の場合に限れば、アルミホイールやスポイラーなどの有名メーカーのが付いているとアピールすることで、業者の査定額よりも高い価格で取引される場合もあるかもしれません。

 

 

車売るならどこがいいTOPへ戻る